愛車TRIUMPH THRUXTONやその他趣味の話など。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


暇なのでDVDを数本借りてきた。そのうちの一本。
ダコタ・ファニング、ロバート・デニーロ演。
http://www.foxjapan.com/movies/hideandseek/


とりあえず・・・
ダコタかわいいよダコタ(*´д`*)


ダコタ・ファニング


名前は知らずとも、この画像でピンときた方も多いのではないですか?
ぁー!みたことあるかもー! 的なネ。

俺はあまり映画みない人なんですが、たまたま彼女が出演している"アイアムサム”や”宇宙戦争”を観ていて、カワユスなぁ~(笑)なんて思ってたわけですが、やはりハイドアンドシークでもカワユスでしたよー。
あんな娘をもった日にゃぁ、アンタ。お父ちゃん溺愛しちゃうよ!

・・・ぁ、一応確認しておきますが、俺、ロリ○ンな人じゃないですからね?

んで。
映画の内容自体は、スリラーっていうんでしょうか、そんな感じで、彼女の役柄もアレ気な感じでしたが、そんな役も絶妙にこなしてましたね。
あの年ですごい。

デニーロも相変わらずいい味でてて、映画自体も結構面白かった。
ただ後半がなぁ・・・もうちょい衝撃っつーかヒネリが欲しかったな。

なんかDVDの特典で、正規のEDのほかにもうひとつEDが用意されてたんですが・・・
これって、どっちも言ってること同じやんね?
表現が違うってだけで・・・。どっちかっていうと正規EDの方が暗示的でより恐怖感があると感じた。
つか、そもそものこのEDの意味なんだけど、単純に、やはりエミリーも・・・むにゃむにゃ・・・だったのヨ!・・・的な解釈でいいのかな?
そんな単純なことなんだろか・・・うーむ。

レヴューサイト見てると、どうもこの映画、”シックスセンス”と同じような構成だそうで、しかもシックスセンスのほうが衝撃的なEDらしい。まだみたことないんで、こりゃぁ・・・借りてこないとな。
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Dump, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。