愛車TRIUMPH THRUXTONやその他趣味の話など。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


純正のセミハードケースだけではキャンプ道具が納まりきらないので、ホムセン箱を載せてみました。

s-DSCN0505.jpg
だいぶ、無理やり感がただよっていますが・・・。

s-DSCN0506.jpg
前の2箇所をタイラップで固定。ラチェット式なので締めたり緩めたりが楽チンです。
ヒモが長すぎるのが欠点・・・切るのも勿体無いので針金でまとめてますが、走行中にほどけたら死にますね。

s-DSCN0507.jpg
後ろ側は、タイラップを引っ掛けるところがない(距離が近すぎる)ため、バックルタイプの短いベルトで、タンデムグリップに固定。

タイガーのリアシートは前方に傾斜しているので、箱は徐々に前にずれ落ちてくることになります。
すなわち、後ろ側をいかに固定するかが重要です。
今は暫定的にベルトで固定してますが、やはり長時間走っていると徐々に前にずれてきます。

あとですね、タンデムグリップがリアシートの座面より若干高い位置にあるので、箱の後ろ半分がリアシートに乗らず、タンデムグリップに乗っている状態です。
なので、さらに安定性が悪い。
このへんも検討の余地ありです。何か、板のようなものを底にかまして、かさ上げするとか・・・?

s-DSCN0509.jpg
箱の横幅はこのくらいです。純正のセミハードケースと同じくらいですかね。さほど邪魔にはならないです。
サーマレストのZ-Lite(レギュラー)がちょうど収まるサイズなのでこの箱にしました。
60cmサイズのホムセン箱でZ-Liteが入るものが意外とないんですよね~。

そもそも、なぜ箱を載せるに至ったか。
箱を載せる前は、ネットで無理矢理まとめていたわけですが、載せたり降ろしたりが大変なんですよ。
アイテム数が多い(テント、寝袋など色んなアイテムをネットでまとめている)ので、一気に運べないし、積み方も考えないといけないし。
その点、箱だと一気に運べるし、とりあえず詰めちゃえばいいし、楽なんです。
あと、雨にも強いし。キャンプ場についたらテーブル代わりにもなるしね。

まぁそんなわけで、便利ですよ、ホムセン箱。見た目はアレですけど(ーー;)

箱の積み方で何か妙案あればご連絡ください。(私の頭ではこれが限界・・・)


箱の話はこれくらいにしておいて。
s-DSCN0511.jpg
タイガーステッカーつけました。
トラ京のタイガー仲間みんなでつけています(笑)
ちなみに、縞模様をよくみると、アルファベットで何か書いてあったり・・・?

s-DSCN0513.jpg
いつもお世話になっているタイガー仲間のhillhenさん自作のチェーンガード。
これはすごくいいものですよ~!
純正よりも少し長く、チェーンルブの跳ねを軽減します。デザインもスタイリッシュ!!


そんなこんなで、少しずつ個性がでてきているタイガーでした。
チャンチャン♪(落ちてない)

スポンサーサイト

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2011 Dump, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。