愛車TRIUMPH THRUXTONやその他趣味の話など。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チェーン清掃というものを、初めてやってみました!

なんでも通なバイク乗りの方は、
他人のバイクを見るときに、まずチェーンの手入れ具合を見るんだとか・・・
(ホンマかいなw)

まぁ、少しくらい手入れできないとな~・・・でもさっぱり分からん^^;
・・・いうことで、まずはインターネットで情報収集からスタートしました。

作業は大きく分けて、2ステップあるようで、
 ①汚れを落とす
 ②注油する

という流れのようです。
細かな方法については諸説あるようで、サイトによって全然違うことが書いてあります。
う~ん・・・困った^^;

というわけで、困ったときの頼みの綱、
トライアンフ京都のイケメンメカニック藤原さんに色々と教わってきました!
(藤原さん、ありがとうございました~)

まず、「①汚れ落とし」 ですが、
基本的に、あまりゴシゴシやらないようです。
ゴシゴシやりすぎると、シール周りのグリスが全部流れちゃうので、
表面の汚れをチェーンクリーナーできれいにするくらいでよいのだとか・・・。
ケミカルは、やはりチェーンクリーナーが良いそうで、
パーツクリーナーや、CRCはNGだそうです。

次に、「②注油」です。
サイトを見ていると、チェーンルブを使う派と、その他オイルを使う派に分かれる様です。
その他オイルですが、使い古したエンジンオイルや、デフオイルを使う
方法があるようです。
私見ですが、どうもこれらはマメに注油するのを前提にしている気がします。
藤原さん的には、これらのオイルは粘度が低いので、
やはりチェーンルブがよいとのこと。

チェーンルブにもクリアタイプのものや、ホワイトタイプ(白い粉ふくやつです)などが
ありますが、ホワイトタイプはあまりオススメできないとのことでした。
表面がサラサラになり、一見きれいに見えるんですが、
内部で油切れになっている場合があり、見た目がきれいなだけに
それを見落としやすいんだそうです。

そんな藤原さんのオススメはこれ!
s-SA392022.jpg
赤い容器、MOTULのロード用チェーンルブです。
特徴としては、吹くときはすごーくサラサラで塗布しやすく、
時間を置くと固まって、他社製品より飛び散りにくい! とのこと!

さっそく購入して使ってみましたが、
「確かに使いやすい! ^^」
初心者でも案外かんたんにできてしまいました。

それとは裏腹に、スラクストンのセンタースタンド・・・
これは何とかならんもんでしょうか --;
位置が悪く、かけるのすんごい大変です・・・

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*

さて、清掃後のチェーンです。きれいになりましたね~
(スプロケはちょっと汚れてますがw)
s-SA392021.jpg
純正から、エヌマのThreeDに交換しています。
クロームメッキで耐久性がよく、シルバーなのでクラシック系にも良く合います。
何よりデザインがいいですね!目立たない部分ですが、そういうところにこそこだわりたいもんです。
交換後3500Kmほど走りましたが、錆は全くなし!

チェーン清掃後、軽く走ってきましたが・・・
「お・・・なんだか滑らかな気がする!」

なんでしょう・・・たとえるなら、マークⅡからクラウンに乗り換えたような・・・
て言い過ぎかw
多分プラシーボ効果なんでしょうがw

今後はマメに手入れしていこうと思います。皆さんも是非!

スポンサーサイト

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2010 Dump, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。