愛車TRIUMPH THRUXTONやその他趣味の話など。
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ずっと放置していた熱帯魚関係の記事なんですが、久々に更新してみます。

60cmの水草水槽、現在はこんな感じになっています。
s-P1020176.jpg

なんか、水草やってる人からしたらツッコミ所だらけなんですが(ワラ
ええそうなんです。

「グロッソの草原に、石組みレイアウトをやりたかったんだ~~!!!!」

こんな感じに ↓ ↓
24176-1.jpg
(画像は、チャームさまより拝借、いつもお世話になっております)


まぁ、ご覧のとおり失敗しとるわけですがw


えー・・・、主役のグロッソ(グロッソスティグマ、南米産の水草。頑張ったら草原のようになる)ですが、

 ・横に伸びずに縦に伸びる・・・
 ・すぐヒゲ苔がつく・・・

と、どうしようもない。

さすがに、そろそろ諦め感が出てきたよ・・・。

いちおう環境的には、
 ・水槽:60cmレギュラー (光量を確保するため、水面は低め)
 ・ろ過:エーハイム2213 + 底面吹き上げ (かなりマニアックw)
 ・底床:プロジェクトソイル(パウダータイプ) + 溶岩砂
 ・水温:23℃
 ・照明:20W * 3
 ・石 :ADA 龍王石 5kg
 ・CO2 :外部に直結 (高効率らしい)
 ・肥料:マグアンプ少々、換水時にカリウム少々

でやってたんですが・・・何が悪いのか。
単純に光量が足りんのだろうか・・・。しかし、これ以上は電気代的に無理ですよ?

ちなみに写真は、縦に伸びすぎたグロッソを一度全部撤去して、植えなおした状態です。
その後CO2が切れて、切れたままとりあえず維持してたんですが、写真の状態から全然成長しないw
なんて手間のかかる子なんだ・・・

もうあれだ、クリプトにでも走るべきなのか・・・
それとも、ウォータースプr

スポンサーサイト

テーマ:水草水槽 - ジャンル:ペット


またまた新しい魚を買いました。

話は先週の日曜にさかのぼります。
ビジネス文書検定というものを受けるために出かけていたんですが、その帰りにふらっと魚屋によってみました。

そこで「バーミーズタイガースネークヘッド」の稚魚を発見!

バーミーズ(ビルマの)
タイガー(虎)
スネークヘッド(蛇頭)

他にも、地域によって「ブルームーンスネークヘッド」、「ネーブルファントムスネークヘッド」などと呼ばれることもあります。

こいつは最近になって新しく発見されたスネークで、特徴としては、青みがかった体色、オレンジと黒の斑点、派手な胸鰭、背鰭の黒点などが挙げられます。
大きさは最大30cmほどにはなるそうですが、詳細は知られていません。
一般的にバーミーズタイガーと呼ばれるものには
 チャンナ・オルナティピンニス と
 チャンナ・プルクラ
の2種があるとされ、背鰭の黒点の多いもの(3~5個?)がオルナティピンニス、
少ないもの(1~2個?)がプルクラ・・・と区別されているような気がします。
プルクラのほうが若干大きくなる・・・とかいう噂もあります。
正確なところは分かりません。まぁ近縁種なんでしょう。

・・・というまだまだ謎の多い新着スネーク・・・そいつがちょうど3匹残っていたんです。

・・・気が付いたら3匹とも買ってたw
1匹2480円もしたんですが、大人買いです。

スネークは気が荒いため、2匹飼いはかなり危険なことになります。
複数匹を飼育する場合は3匹以上が良いとされます。
なので3匹。

バーミーズ in 袋
P1010786.jpg
まだ6cmくらいです。成長が楽しみ。
P1010798.jpg
どうやらすでに3匹のなかで力関係ができているようです。
強いの(ジャイアン)、普通(スネオ)、やられ役(のび太) となっているようです。
のび太がジャイアンにぼろぼろにされたので、ジャイアン以外を隔離しました。
P1010812.jpg
狭いけど、安全が第一です。
さぁ、早く大きくなぁれ!

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット


水草水槽のレイアウトを少々変更しました。

↓変更前。
P1010769.jpg

茂りすぎで、もうなんだかよく分からないことになっています。

中央にアメリカンスプライト。
2週間に1回くらい散髪してやるんですが、ポテチ1袋分くらいになります。
両脇にアマゾンチドメグサ。
こいつも成長が早い。延々と伸び続け、上半分は水面に漂っています。ほっといたら何メートルにもなりそう。
手前がヘアーグラスショート。
伸びすぎ。本当にショートなのかと・・・。
見えてませんが、左奥にバリスネリア・ナナ。
シュートを展開し、殖えまくっています。
同じく左奥にルドウィジア・なんとか。
それなりに成長。
右奥はロタラ・インディカ。
あまり成長がよろしくないです。赤みもすぐ抜ける。

とりあえず、アメリカンスプライトがウザすぎるので撤去したい。
そして、空いた中央に何かを植えよう。そう思い、魚屋さんで草を物色してきました。

そして、レイアウト変更後↓
P1010777.jpg

すっきりw

まだ馴染んでない感はありますが、前よりは良くなったかなと。
追加草は、ルドウィジア。キューバ(中央奥)、クリプト・ウェンティグリーン(中央やや手前)、グロッソ(中央手前)。
P1010781.jpg

ルドウィジア・キューバは一目ぼれ。新芽が花のようで素晴らしくきれい!
まぁ成長したら緑になるんでしょうが・・・。
クリプトは、売ってるときから結構痛んだ個体だったんですが、前から興味があったので入れてみました。

グロッソ・・・植えるのメンドクサー
P1010780.jpg

しかも植えるの下手だし・・・ このあともう一度植えなおしました;


話は変わって、うちのボス。トーマンについて。
水槽の手前でじっとしていたので、これはチャンス!と思い、サイズを測ってみました。
P1010784.jpg

約19cm・・・ちいせえ・・・。

買ってきたのが、去年の9月。なので、すでに10ヶ月育成しているわけですが・・・
6cm→19cm 成長遅くないか?

やはり、毎日朝晩2回餌やってないからでしょうか?
それとも、フラワートーマンの成長スピードってこれくらいなのかしら。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット


前回の測定日 5/13

■90cm水槽
  環境:大磯、ミクロソリウムセミナロー付流木、EHEIM2213*2
  飼育魚:フラワートーマン、Po・セネガル、オスカー、セルフィンプレコ
  pH:前々回(5/5) 7.0 測定後、10リットル換水
     前回(5/13) 7.3 測定後、30リットル換水、5/18に15リットル換水
     今回(5/25) 7.0 測定後、15リットル換水

  酸化と大磯の効果がいい感じにつりあっている気配。
  いちおう、糞掃除のために換水。

■60cm水槽
  環境:ソイル、EHEIM2213、水草多数、CO2添加
  飼育魚:レッドチェリーシュリンプ*9、オトシンネグロ*3、Ap.アガシジィ*2、
       ラミーノーズテトラ*3、カージナルテトラ*4、ネオンテトラ*1、ラスボラエスペイ*3
  pH:前々回(5/5) 6.0 測定後、足し水
     前回(5/13) 6.3 測定後、足し水、さらに減った分を定期的に足し水
     今回(5/25) 6.5 なにもしない
  
  だいぶpHが上がってきた。ソイルが落ち着いてきたのかな?


■45cm水槽
  環境:SUDOの砂、上部濾過、スポンジフィルター、ミクロソリウム、アマゾンフロッグピッド
  飼育魚:ニューレインボースネークヘッド*2、ブルースネーク、ブロンズプレコ
  pH:前々回(5/5) 6.5 測定後、足し水
     前回(5/13) 5.0 測定後、15リットル換水+ウールと活性炭交換
     今回(5/25) 6.5 なにもしない

  pHいい感じ。ウールと活性炭の交換が効いてるのかな?
  2週間近く換水してないことになるけど、意外と大丈夫ぽい。


■30cm水槽?
  環境:大磯、底面+背面一体フィルター
  飼育魚:Po.オルナティピンニス(9cm)
  pH:前々回(5/5) 8.0 測定後、2/3換水
     前回(5/13) 7.5 測定後、1/2換水
     今回(5/25) 7.8 測定後、1/2換水

  pHさがらんなぁ・・・。オルナティは元気におよいでるけど、ちょっと不安なので換水しとこう。


■30cm水槽?
  環境:ソイル、外掛け(AT20)、アマゾンフロッグピッド
  飼育魚:レオパードクテノポマ*3、オレンジフィンカイザープレコ
  pH:前々回(5/5) 5.5 測定後、2/3換水
     前回(5/13) 5.0 測定後、1/2換水+フィルタパッド交換
     今回(5/25) 5.5 測定後、2/3換水

  だめだ、やっぱり酸性がひどい。そこまで過密ではないと思うんだけどなぁ。
  水ミミズが酷いので、単純に水質が悪くなっているのかも。餌やりすぎか?

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット


ちょっと前に立ち上げた水草水槽の近況。

立ち上げ直後。
P1010711.jpg


なんたるカオス。
最初にレイアウトを考えずに、欲しい草を手当たり次第買った結果がコレ・・・。

水槽はエーハイムの60規格。
ライトはTetraの27W一灯。
ろ過はエーハイム2213。
底床は水草一番サンドを8キロ。

それに加えて、発酵式CO2添加装置。

水草は、
手前に広がっているのがヘアーグラスショート。田植えがめちゃ辛かったです・・・。
手前の両端がアマゾンチドメグサ。
中央のモサモサがアメリカンスプライト。
そのすぐ右横がポリゴナムsp.レッド。
そのすぐ右横が・・・名前忘れたけど、何かややこしい名前の藻っぽいやつ。
一番右端がロタラインディカ。
逆サイドがルドウィジア・・・なんとか、と、バリスネリア・ナナ。

石はチャームでもらったオマケの深山石。

なんというか・・・カオスw


そして、2週間とちょっとが経過・・・
P1010743.jpg

茂りすぎw

何が酷いって、中央のアメリカンスプライト。
いや、以前ウォータースプライト育ててたときに増え方がすごかったから
薄々そんな気はしてたけど・・・よもやこれほどとは。
レイアウトとしては少々扱いづらい草だなこりゃ。トリミングが大変すぎ。

あと、その横のポリゴナム。
P1010764.jpg

飛び出てますがw もはや水上葉。

ロタラインディカはなぜか成長がよろしくない。
P1010765.jpg

育成容易なはずなんだが・・・?

ヘアーグラスショートは、順調に根を伸ばしている模様。
P1010761.jpg

ただ、水槽中央あたりのやつはアメリカンスプライトが影を作っているせいか、成長がイマイチ。

アマゾンチドメは・・・
P1010760.jpg

だめだこりゃ、オトシンにかじられて悲惨なことに。
そんなに旨いのか?

アガシジィの♂。
P1010757.jpg

なんというか、色が薄い。白っぽい。
性格も臆病。たまに♀につつかれてる。

その♀。
P1010748.jpg

♂より2回りほど大きい。色も濃くて、食欲旺盛。


ちょっとレイアウト変更しないとなぁ。
左のアマゾンチドメのラインは結構好きなので、そこに枝流木でもいれてチドメを這わせようかな。
アメリカンスプライトは、なんとかせねば。代わりのセンタープランツをどうするか。何も入れないのも手かもしれないが・・・さてはて。
藻もいらん。ポリゴナムは・・・惜しいが水槽の高さが足りない。これも撤去だ。
石は・・・もうちょっと追加したいけど高くて手が出ません。

以上、近況報告終わり。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット


前回の測定日 5/5

■90cm水槽
  環境:大磯、ミクロソリウムセミナロー付流木、EHEIM2213*2
  飼育魚:フラワートーマン、Po・セネガル、オスカー、セルフィンプレコ
  pH:前回7.0 測定後、10リットル換水
     今回7.3 測定後、30リットル換水
  前回からの変更点:ベアタンク→大磯、セミナロー流木追加

  やはり大磯を敷くと、pHがあがるようです。


■60cm水槽
  環境:ソイル、EHEIM2213、水草多数、CO2添加
  飼育魚:レッドチェリーシュリンプ*9、オトシンネグロ*3、Ap.アガシジィ*2、
       ラミーノーズテトラ*3、カージナルテトラ*4、ネオンテトラ*1、ラスボラエスペイ*3
  pH:前回6.0 測定後、足し水
     今回6.3 測定後、足し水
  前回からの変更点:小魚を追加

  pHは安定している模様。


■45cm水槽
  環境:SUDOの砂、上部濾過、スポンジフィルター、ミクロソリウム
  飼育魚:ニューレインボースネークヘッド*2、ブルースネーク、ブロンズプレコ
  pH:前回6.5 測定後、足し水
     今回5.0 測定後、15リットル換水+ウールと活性炭交換
  前回からの変更点;スポンジの強化(謎スポンジ→TetraのP-Iフィルタ)

  水換えサボっただけあって、さすがに危険なpH値でした。


■30cm水槽?
  環境:大磯、底面+背面一体フィルター
  飼育魚:Po.オルナティピンニス(9cm)程度
  pH:前回8.0 測定後、2/3換水
     今回7.5 測定後、1/2換水
  前回からの変更点;小魚を60cmへ移動。オルナティピンニス導入。ミクロ付流木は90cmへ。

  やはりpHが高い。大磯が犯人で間違いない模様。


■30cm水槽?
  環境:ソイル、外掛け(AT20)、アマゾンフロッグピッド
  飼育魚:レオパードクテノポマ*3、オレンジフィンカイザープレコ
  pH:前回5.5 測定後、2/3換水
     今回5.0 測定後、1/2換水+フィルタパッド交換

  前回の2/3換水にも関わらず、ものすごい酸性。
  フィルタパッドがかなり汚れてたので交換。こいつのせいか?

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット


えーと、某高級濾材ブランドのことではありません。

ペーハーのことです。
7.0を中心として、それより低いと酸性。高いとアルカリ性 というあれです。

じつは先日、熱帯魚のリース・メンテナンス業をされている社長さんとお話をする機会を
いただきました。(会社の先輩(熱帯魚仲間)のツテです)

リースやメンテナンスのプロというのはつまり、
飼育に関してのエキスパートといえるわけです。

実際お話をさせていただいて、飼育について色々と勉強させてもらいました。
特に、「水換えを何も考えずに週1のペースでやるのは間違っている」という話は
目からウロコでしたねぇ~!

その話の流れで、pHを測るのは基本だ!ということになり、
帰りにさっそくTetraのpHテスターを購入しました。

実は今まで、硝酸塩、亜硝酸塩濃度はもちろんのこと、pHすら測ったことがありませんでした;
いやぁ、試験薬たかいし・・・;

で、測定の結果ですが…

■90cm水槽
  環境:ベアタンク、EHEIM2213*2
  飼育魚:フラワートーマン、Po・セネガル、オスカー、セルフィンプレコ
  pH:7.0

■60cm水槽
  環境:ソイル、EHEIM2213、水草多数、CO2添加
  飼育魚:レッドチェリーシュリンプ*10、オトシンネグロ*4
  pH:6.0

■45cm水槽
  環境:SUDOの砂、上部濾過、スポンジフィルター、ミクロソリウム
  飼育魚:ニューレインボースネークヘッド*2、ブルースネーク、ブロンズプレコ
  pH:6.5

■30cm水槽?
  環境:大磯、底面+背面一体フィルター、ミクロソリウムセミナロー
  飼育魚:小型魚10匹程度
  pH:8.0

■30cm水槽?
  環境:ソイル、外掛け(OT20)、アマゾンフロッグピッド
  飼育魚:レオパードクテノポマ*3、オレンジフィンカイザープレコ
  pH:5.5


という感じに!

90cmはさすがの水量といったところでしょうか。安定して中性を保っているようです。
60cm水草水槽は、CO2の添加とソイルの影響でいい具合に弱酸性のようです。
45cm水槽は、最近水換えをあまりしてないんですが、6.5ならいい具合ですね。
30cm?は、まさかのアルカリ性!! やはり大磯が原因?使い込んだ大磯のはずなんですが。
 それか、底面にしているから、糞が大磯の間にたまって、アンモニア等が発生して、
 アルカリに傾いている・・・という可能性も捨てきれない。
30cm?は、ちょっと酸性が強すぎる。2週間くらい水換えてないからなぁ。

という訳で、危険な水槽はすぐに水換えをしました。
見た感じきれいな水であっても、実際の水質は分からないもんですね。
今後も定期的にpHを調べようと思います。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Dump, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。